ここではお客様から質問される事の多い事柄を紹介しております。随時募集しておりますので、ご質問のある方はいつでも弊社までご連絡ください。

<賃貸に関連した質問>
  今から、X月後に入居したいのですが、XドルをDEPOSITとして入れておく事で物件をホールドしてもらうことは可能ですか?
  コンピューター(MLS)に載っている一般リスティングから出した物件を借りた場合、入居後のトラブルについては鈴木不動産に面倒をみてもらえるのですか?
  修理が必要になった時は、どうすればよいですか?
  Security Deposit(保証金)は、いつ払うのですか?
  Security Depositはいつ返ってきますか?
  不動産業者の手数料はどのぐらいか?
  光熱費は含まれているのですか?
  一年以内の賃貸期間も可能ですか?
  ペットがいるのですが。
  カーペットは変えてもらえますか?

<売買に関連した質問>
  頭金はどのぐらい入れたら良いのでしょうか?
  弁護士の費用は、どれぐらいかかりますか?
  購入する前に、専門家に家を点検してもらえますか?
  ローン会社を紹介してもらえますか?
  売るときは、すぐに売れるのですか?
  家の値上がり率どのぐらいですか?
     

<賃貸に関連した質問>
 
今から、X月後に入居したいのですが、XドルをDEPOSITとして入れておく事で物件をホールドしてもらうことは可能ですか?
出来ないことはありませんが、あまりお勧めできません。万が一お客様の気が変わった場合に全額返金されるという保証は無く、家主との間でトラブルが発生する恐れがあるからです。
   
 
コンピューター(MLS)に載っている一般リスティングから出した物件を借りた場合、入居後のトラブルについては鈴木不動産に面倒をみてもらえるのですか?
残念ながら弊社の管理している物件で無ければ、当事者同士で解決して頂く事になります。大家さんか、大家さんが依頼した代理の人に連絡をして、修理等の手配をしてもらわなくてはなりません。但し当社の“Extended Service Plan”を御利用いただきますと、家に関することは何でも当社でお世話致します。費用は一ヶ月の家賃と同額で一年間は有効です。
   
 
修理が必要になった時は、どうすればよいですか?
弊社の管理している物件でない限り家主かその代理人に連絡をしてください。大家さんや代理人の連絡先は契約時にお渡し致します。 
   
 
Security Deposit(保証金)は、いつ払うのですか?
通常は家主にもらった賃貸契約書に署名し、保証金を添えて渡します。ただし、手続き中の紛失を防ぐ為や、帰国などで時間の無い場合などは契約書を待たずに事前に渡してしまうことも可能です。
   
 
Security Depositはいつ返ってきますか?
退去時に返金してくれる家主はまずいません。大抵の場合は退去してから一月後というのが普通です。一月待たされる理由は、家主がお客様が退去なさった日までの光熱費用や電話代等の請求に対しての入金確認をする為です。ですから、お客様が日本に帰国される場合はどなたか信用出来る知人の方に支払いを依頼しておきましょう。また、お客様がやり残した清掃やペンキ塗りに関してはお客様の退去後に家主が業者を呼び、見積もりを取り手配しますが、それにも時間が掛かる事があります。
   
 
不動産業者の手数料はどのぐらいか?
イリノイ州では、日本やニューヨークと異なり、賃貸の場合は家主、売買の場合は売り手が手数料を支払います。ですから借りる人や購入する人は、一部の例外を除き手数料を支払う必要はありません。
   
 
光熱費は含まれているのですか?
家具付きアパートや、一部の貸コンドミニアム以外は通常含まれません。
   
 
一年以内の賃貸期間も可能ですか?
アパートなどは毎月$100程度を余分に支払う事によって一年以内のリースでもOKの所があります。しかし、通常は最低1年からの契約です。
   
 
ペットがいるのですが。
25ポンド以内の小型犬であれば、OKを出してくれる家主は比較的多いです。但し、余分に半月分のディポジット(預け金)を支払うとか、毎月の家賃を少し上げられる場合などがあるようです。(ネコの場合も同様です。) 
   
 
カーペットは変えてもらえますか?
これは家主との交渉次第です。通常の場合、家主によって提示されている家賃は、現在の状態に対しての額です。ですから、入れ替えを要求するとそれを家賃に上乗せされる場合があります。
   

<売買に関連した質問>
 
頭金はどのぐらい入れたら良いのでしょうか?
自分の住む家であれば、極端な場合『頭金ゼロ』でも、ローンを組む方法はあります。しかしながら、それらのローンは非常に書類審査が厳しく、利率も高い為に毎月の支払い金額も高額になってしまいます。また、20%以下の場合はPMIと呼ばれるローン保険に強制的に加入させられるので、その分も高くなってしまいます。ですから通常は20%を目安にされる事をおすすめします。PMIの金額は借り入れ金額と、そのPMI保険の会社によっても異なりますが、毎月$100前後です。
   
 
弁護士の費用は、どれぐらいかかりますか?
$400程度が相場ではないでしょうか。依頼するときにしっかり確認しておきましょう。
   
 
購入する前に、専門家に家を点検してもらえますか?
不動産業界にはインスペクター(検査員)という業者がいて、家の内外の点検をしてリポートを書いてくれます。このインスペクターが大きな問題を発見した場合、契約を破棄する事も可能です。大抵の場合は、問題のある箇所を列記したものを相手に送り、修理依頼をする事が多いです。通常の費用は$300〜400位です。
   
 
ローン会社を紹介してもらえますか?
勿論です。幾つかの会社を利用していますが、中には日本語の分かる人や、投資物件に強い人もいるので、ケースに応じて最適な会社をご紹介致します。イリノイ州では法律によって、ローン会社と不動産会社間のコミッションが禁止されていますので、安心してご相談下さい。
   
 
売るときは、すぐに売れるのですか?
早いか遅いかについては色んな要素に左右されますが、特に次の二つが大切な要素といえます。一つは経済の状態、利率の高低、季節などといったマーケットの状況で、もう一つはその家のイメージです。さすがにマーケットの状況は誰にもコントロール出来ませんが、売却する家のイメージは自分で良くする事が可能です。ご購入になった時のご自分の経験から考えていただいても分かるように、実はイメージで決める人が殆どです。自分の家を綺麗にするのが非常に上手なアメリカ人に対抗して売るわけですから、お客様も負けずに見に来た人を魅了する努力をして下さい。この点については弊社のウェッブサイト内の"売る場合の注意点" にアドバイスを書いてありますのでそちらもご参照ください。
   
 
家の値上がり率どのぐらいですか?
イリノイ州では1990年代の後半までは毎年ゆっくりとしたカーブながら着実に上がって来ていました。年によっては、横ばいに近いときもあれば5%ぐらいの時もありました。ところが3年位前までは、特にローン率の低さも手伝って今まででは考えられないような超スピードの値上がりをみせてましたが最近は低迷気味です。しかし、これがいつまで続くかという点については外的要因に左右される為、予想を立てる事が非常に困難です。
   

 

  (847) 437-4600
Arlington Executive Court
2025 S. Arlington Heights Road / Suite# 107 / Arlington Heights., IL 60005
Fax: (847)437-8328